漢方薬を代表とする東洋薬の考え方 | 生薬100%育毛剤WAKAを3ヶ月使ってみた


漢方薬を代表とする東洋薬の考え方について

漢方薬を代表としている東洋薬ではどのように考えて薬を作っているのでしょうか?漢方とは、中国で2000年以上もの歴史を持っている伝統医学の1つですが、断続的に日本にも漢方の知識は伝わってきていました。

始皇帝が不老不死を望んで様々な漢方を服用していた、なんて話も有名ではないでしょうか?日本では江戸時代の中期以降になって、日本独自の伝統医学の1つとして体系づけられて利用されるようになり、長崎に伝わってきた西洋医学である蘭学の1つ、蘭方と区別する為に漢方と呼ばれるようになった歴史があります。

東洋医学と言いますと、漢方を想起する方が多いのですが、東洋医学には鍼灸や按摩、薬膳など様々な物があり、いずれも中国にて長い間培われてきた伝統的な医学になります。現代でも日本独自に進化した鍼灸や按摩、薬膳など様々な治療法が存在しています。

西洋医学との大きな違いとしては、漢方を初めとした東洋医学では年齢や、体格、体質、精神状態などによって個々に生薬を配合して薬を作ることにあります。例えば、頭痛があったとして、西洋医学では頭痛止めの薬を処方するのですが、漢方では様々なことを総合的に判断して薬を作っていくことになるのが違いだと言えます。100%生薬で作られている育毛剤WAKAの場合は、生薬の王とも呼ばれるカンゾウを中心に8つの生薬のエキスを抽出して作られています。

この原液を水で薄めることなく、100%の原液のままで使用することがWAKAの特徴でもあり、その効果は厚生労働省の厳しい審査を通過して、医薬部外品として認定されるほどなのです。

>>トップページに戻る

育毛剤の使い方
育毛剤の効果
WAKAについて
お風呂上りの育毛剤の使い方 イメージ
New!
育毛剤を使うタイミング
として多いのがお風呂あがり
気をつけたいポイントとは?

WAKAを女性が使っても大丈夫? イメージ
PicKup
女性も薄毛が増えてます。
人気のWAKAは
女性が使っても大丈夫?

漢方薬を代表とする東洋薬の考え方 イメージ
Point
漢方薬を中心にした
東洋薬はどのように考えて
作られているの?